工務店と大手ハウスメーカーの違い

工務店と大手ハウスメーカーの違い

注文住宅を建てる方法には工務店とハウスメーカーがありますが、工務店と大手企業の違いを先に知っておくことで後悔しない家を建てることができます。
大手企業の場合ではコンセプトやテーマなどを決めており、間取りが異なっても同じ建築様式を採用していることや、使う建材や外観などにも共通点が出ていることは良くあることです。
実際に大手企業のホームページを確認すると、テーマ別にモデルハウスを紹介している写真を確認でき、利用者はその中から好みのデザインを決めて契約を結ぶ方法です。
一方で工務店の場合は、会社による違いはありますが大手とは異なり柔軟な対応を行えることにも違いがあります。
施主の希望を反映させることを目的に、あらゆるデザイン設計を可能としていることが多く、建築様式に関しても自由な発想で建てられることも目立ちます。
洋風建築が人気ですが工務店を利用する方法であれば大手では採用していない住宅資材を仕入れたり、内装に使う資材類も国内では取り扱いがないという場合でも対応できる可能性があることも大きな違いになるのではないでしょうか。

リフォーム工事を小規模工務店に依頼することのメリット

高齢の親が安心して生活できるようにバリアフリー化したい、子供が成長し子供部屋が手狭になってきたので間取りを変えて拡張したい、水回りの快適化を図り家事がしやすいように動線を確保したいなどの理由で、リフォーム工事を計画中という方は多いのではないでしょうか。
ライフスタイルやライフステージや年齢や時代背景に応じてリフォームすれば、住宅は新しく生まれ変わり利便性や安全性や快適性が一段と向上します。
そこでこだわりたいのが工務店選びです。
大手の安定したサービスも魅力的ですが、地域に密着した小規模工務店にもそれなりのメリットがあります。
その土地の特徴や地盤を知り尽くしているので街づくりレベルでの環境にマッチした最適な家づくりが可能になりますし、企業と消費者の距離感が近いというのも安心できるポイントです。
利用しやすい身近な窓口があれば気軽に何でも相談できますし、アフターフォローが手厚いというのも小規模工務店の強みです。

筆者:岩西幸則

筆者プロフィール

福岡県豊前市生まれ。
子供が大きくなってきたので、間取りを変えようか検討しています。